パットの、ほんとう

速いとミス遅いとミスらず

リズムが乱れることはショットの場合にしばしば語られることですが、実はパットでも全く同じ。

むしろ速くなって良くない、という影響度に関してはショットよりもパットの方が大きいですね。

何故なら、ショットは少々のミスでも大きなダメージは無いですが、パットに関しては「カップに入らない」と言う、モロに1打というダメージになるからです。

どれだけ速いとか遅いとか、という絶対値ではなく、人それぞれの固有値があるのがリズムですが、それぞれの固有値のリズムよりも速くなるとほぼ間違いなくミスし、敢えてゆっくりのリズムで行うとミスは出ませんね。

これは不思議ですね、逆もまた真が成り立ちません。

プレッシャーのかかったパットでは、ついつい速くなってミスると言うことがありますので、注意が必要です。

そして、アヤコさんはショットもパットも同じリズムでした。

それは「まったりストローク」で紹介させて頂きました。

ページUP