パットの、ほんとう

パターのフィッティング

フィッティングと言うと大抵ドライバーからウェッジまでのクラブについて、個人に最適のクラブを選択・調整(調製)することを言いますね。

しかし、規定打数の半分を占める(実際には≒40%の打数)パット用のクラブ(パター)については、無頓着な方が多いです。

でも本当は
・フィーリングの良いパターを選ぶこと
・アドレスの姿勢にマッチしたライ角のパターを選ぶこと
・ウェイトとバランスの合ったパターを選ぶ
ということがとても大切です。

以前から米P社は、フィッティングと言う概念を前面に押し出してパターを販売して来ましたが、P社のパターを購入する前提なら問題は無いのですが、ストロークのフォームや好みも介在するので、必ずしもP社のフィッティングに頼るわけにはいかないと思います。

フィッターと呼ばれるクラブのプロも、相談を受けるお客さんのほとんどが13本についての問合せであるせいか、14本目(パター)のフィッティングについては看板を掲げていないような状況です。

でも、そんなニーズにもしっかりと答えてくれるギアアドバイザーもいます。

もっちゃんのゴルフの真髄 を運営するM.M.さんは、このようなニーズ(パターのフィッティング)に応えてくれる方だと知りました。

パターのフィーリングやバランス、ライ角などでしっくりきていない方はもっちゃんのサイトを覗いて見て下さい。

なお、この記事は御紹介するだけですので、ご質問の内容や費用などは、直接ご本人にお問い合わせ下さるようにお願い致します。

ページUP