パットの、ほんとう

ストレスフリーのストローク

手首や肘を使うパッティングは、その筋肉が器用すぎるので、高い緊張状態の場合にはスムーズに動かない場合があるので、その影響を受けにくい「振り子式のストローク」が採用されます。

このストロークは、手首や肘を固定したまま、(頸骨を支点に)肩の上下動によりパッティングするというもので、今やツアーなどで主流になっているパッティングのストロークです。

肩の上下動でも緊張時にはスムーズにストローク出来ないと言う方にお薦めなのが「肩甲骨ストローク」では無いでしょうか。

この方法は「猫背は治る!!」(小池義孝著 自由国民社刊)にヒントを得て試してみたところ、ストレスの影響は肩の上下動によるストロークよりも少ないことを発見しました。

即ち、肩の上下動でのストロークよりも、左右の肩甲骨を上下することでストロークするほうが、ストローク中に邪念(?)が湧かずストロークに集中できると言うことが分かりました。

ただし、始めのころは距離勘が難しいと思います。ストロークの振り幅で距離勘を出しますので、慣れればどうってことはないのですが、それまでは習熟が必要と言うことになります。

振り子式ストロークを習熟しているとイップスにはなりにくいと思いますが、それでも忌まわしいイップスの症状が出てきたりしてお悩みの方には、この方法「肩甲骨ストローク」をお奨めする次第です。

お試しください。

ページUP